向上心溢れる女性たち 出産後も仕事キャリアを伸ばしたい!

産休後の働き方

産休後の働き方は複数存在していますが、元の職場でそのまま働く方法と、契約社員に切り替えて残業をなくす方法があります。また、退職してパート・アルバイトをする方法を取る人も少なくありません。契約社員に切り替えて働く場合、会社側が切替を承諾するかどうかが大きなカギとなります。契約社員に切り替えることを渋る場合は退職を選択する必要があるため、注意が必要です。契約社員に切り替えて働くことで育児と仕事を両立しやすくなりますが、家族の理解を得ることも忘れないでください。
転職先を探す場合、育児をしながら働くことを念頭において、時短で働くのか、パート・アルバイト・契約社員などの働き方を選ぶのかといったことを家族で話し合い、みんなが納得できる方法を選択しましょう。
企業内託児所があるところを選ぶと、保育園が休みのときに子供を預けられる可能性が高くなります。面接時に育児中であること、時短で働きたいなど希望を伝え、企業側の理解を得て働くことができれば、育児と仕事の両立は可能です。パート・アルバイトであれば自宅から近いところで働くことで、子供を育てながら収入を得ることができます。収入は正社員よりも少なくなるため、納得した上で働くことが重要です。
収入と育児を両立させたいなら、派遣社員を選ぶ方法もあります。パート・アルバイトよりも給料が良く、勤務条件によっては社会保険なども整備されているため、自分に合ったところを選ぶと育児・仕事の両立をしやすくなるでしょう。ただし、出産後の体調はデリケートです。慣れない育児で疲れているとき無理はよくありません。様子を見ながら復帰を検討しましょう。